PPC リスティング メリット デメリット

PPCとポジショントークについて

今回のテーマは『ポジショントーク』。まだフワフワしている方は要注意のこのポジショントーク。これから2015年にかけて生き抜くためにはしっかりと意識しておくことが大事です。

 

ウィキペディアより引用
ポジショントークとは、株式・為替・金利先物市場において買い持ちや売り持ちのポジションを保有している著名な市場関係者が、自分のポジションに有利な方向に相場が動くように市場心理を揺さぶる発言をマスメディア・媒体などを通して行うことを指す和製英語。有価証券の価格変動を目的として行われる「風説の流布」は虚偽の情報を流すことを指しているが、ポジショントークは「虚偽」ではなくあくまで「市場予測」であるため、これをもって風説の流布として摘発された事例はない。ただし明白に虚偽とは言えなくとも、合理的な根拠のない情報であれば罰せられるおそれがある。

 

ではよろしくおねがいします^^

 

よく『コトリさんってPPCはやっているんですか?』って聞かれます。やっています(笑)

 

 

ぼくの情報発信はサイトアフィリエイトに特化したスタンスですので今まで敢えて触れませんでしたが、最近の流れにおいて非常に情報弱者の人に不利な事ばかり起こっているため敢えて触れてみたいと思います。

 

PPCほどポジショントークし易いジャンルはないのかな。。PPCをされている方であれば、『よく言うよな〜』って事が多いと思います(笑)

 

サイトアフィリエイトで結果が出ない人などは、おそらくすぐに手を出しそうなものが沢山あるでしょうし2015年は更に増えていくかもしれません。

 

 

2014年になってからある程度予測はしていたのですが、夏辺りから更に激化してきたような気がしますね。何事も最初が難しいですので、そこは忘れないでください。

 

0:これからのプロモーションの流れ

2014年はGoogle先生が荒れて荒れて大変ですね^^;夫婦喧嘩でもしたのでしょうか(笑)?

 

10月には3.0導入。アップデートで戦々恐々というのがブラックSEOをしているぼくたちの共通の気持ちでしょう。

 

 

ここで考えて欲しいのですが、PPC云々の前に情報を発信する側と情報を受ける側、つまり需要と供給のバランスを考えた際、仕掛ける側(供給側)というのは受ける側(需要側)の事をまず調べます

 

 

アフィリエイトと一緒ですよね。ビジネスの基本。

 

 

ぼくたちアフィリエイターを今回仕掛けを受ける側とします。

 

 

そうなるとぼくたちの集客の状況は、今ではSNS集客なども増えてきたと思うのですが、殆どの場合匿名でのサイトアフィリエイト活動だと思いますので、やはり検索エンジンからの集客がまだまだメインではないでしょうか。

 

 

メルマガアフィリエイトの様に自分の顧客を持っているビジネスではなく、顧客にアプローチが出来ないサイトアフィリエイトの場合、Googleに影響される事は仕方がない事ですよね。Googleが動いている最近は特に不安な方も多いと思います。

 

 

そういった方は殆ど思うはずですよね。『集客を安定させたい』と。

 

 

ここまで言えばわかると思いますが、サイトアフィリエイトをされている方、トレンドアフィリエイトをされている方、つまり集客方法を殆ど検索エンジン経由にゆだねている場合、今の悩みは安定しない検索エンジンの対処だと思いますので次のような方法を知りたいのではないのでしょうか?

  • 安定する(安定しやすい)SEOのチューニングの仕方
  • 集客(アクセス)をお金で買うPPC(リスティング)のやり方
  • ブラックSEOとは違う、完全ホワイトのサイト構築の方法

 

ホワイトサイトの作り方というのは最近よく聞く言葉ですが、これはアフィリエイトファクトリーのファクトリーサイト、ルレアでいうところのロングレンジサイトの事と思ってほぼ間違いないですし、このようなサイトを作る事はサイトアフィリエイトをしているものであれば当然視野に入れている事ですので今回は除外します。

 

 

ホワイトサイトの作り方というのは、それこそ高額塾に入らなくてもぼくを含めて色々な方が情報を発信している為、基本的な事は分かるから、そもそもプロモーションもないと思います。

 

 

『1年かけて、被リンクゼロでも上位表示するサイトを作りませんか?』

 

こんなプロモーションなんて誰も人寄ってこないでしょうし(笑)

 

 

20万も払って習わなくても、ルレアとかアフィリエイトファクトリー、それに付随する特典などで十分に分かります。

 

ぼくもコンサルなどではそこら辺はやっていますし、高いお金を出してまで。
いや、そもそもプロモーションする方も採算が合わないでしょう(笑)

 

 

つまり、これからの流れとしては、今のGoogleの流れを利用(?)してPPCとSEOに関するノウハウ、ツール、高額塾がワンサカ出てくるはずです。

 

 

最近では、パンドラというツールが無料で当たるかも?というキャンペーンがあっていましたしね。PPCのライバルの入札キーワードが全部分かるというツールでしたか。ちょっと詳細は分からないですが。。あのキャンペーンも、パンドラのバージョンアップ番とか、2015年度番の布石とぼくは読んでいます。

 

 

これから説明していきますが、PPCでライバルが入札しているキーワードを知ったところで何の意味もありません。これは語弊があるかもしれませんがぼく自身はそう思っています。

 

 

資金は人それぞれ違いますし、運用方法こそPPCを黒字で回していく為のキモですのでライバルのキーワードとか知ってもあんまり意味が無いというのがぼくの考えです。

 

というか、そういった事も分からずにこのようなツールとかに走る人って、根本的なPPCの事を理解していないと思いますので、ある段階で必ず赤字になると思っています。赤字運用というのも、一歩踏み込めば必ず通る道なのですが。。

 

 

やっている案件単位では、赤字もあって黒字もあってトントンもあって、そのチューニングをしながら全体的なプラスに持っていく。PPCのイメージっていうのはこんな感じと思ってください。

 

 

ぼくが言いたいのは、作業を加速するためのノウハウやツールであればそれは自己投資としてやるべきなのですが、今の現状から逃げる方法としてこういったオファーに流されてはダメという事です。

 

  • Googleは不安定なのか。。じゃあPPCがいいに決まってる
  • SEOさえバッチリなら、今でも稼げそう

今のアナタのスキル、または今のアナタのインプットしたものを全てやり尽くしたか?

 

ここをしっかりと意識しておかなければ

  • 魔の3ヶ月に逆戻り
  • お金だけはマイナス

になります。だから、敢えて今まで触れていないPPCの事を書いてみます。

1:PPC広告について

今回のネタ元はコチラです^^満を持して登場したオファーですね。石田さんプロモーションのローンチが走りだしました。

 

 

■ヤフー、グーグルが絶賛!ある手法で「毎月1億円以上」を売り上げる、極めて<現実的な>稼ぎ方

 

>>【登録はこの文章を読んで決めてください(笑)】無料動画のページはコチラ

 

PPCアフィリエイトについて思うこと色々@リスティングって簡単?

*このURLは興味を確かめる為に短縮URLにしています。
リンク先を確認した後に戻ってきてください。すでに知っている方は結構ですが、協力していただけるのであれば、一旦クリックしていただけると嬉しいです^^

 

ぼくもあるメルマガから来たURLをそのまま短縮に入れているので、アフィリエイト報酬目当てではないことを先に言っておきます(笑)登録するのは自由ですが、大事なところは25万円程度のお金を支払わないと教えてくれません

 

無料動画を観てPPCアフィリエイトに過度の期待をしても動画だけではわかりませんので登録はオススメしません。なによりも別の人に紹介料が入りますので(笑)

 

PPCについて、ぼくの見解を述べます。これからの流れも踏まえて説明していきますので最後までお読みください。

 

 

ここで言うPPCは、ヤフーリスティングのことを言います。ヤフーリスティングの中でも、スポンサードサーチの事ですね。

 

 

ここ最近、アフィリエイターの方でもリタゲという言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、リタゲについてはぼくも現在勉強中ですので、スポンサードサーチにのみ触れていきます。リタゲというのは、サイトリターゲティング機能の事です。おそらくこれから触れる事があるかもしれませんので、リタゲという言葉があるなって認識くらいでOKです。

 

 

通常PPCといえばスポンサードサーチの事を指します。今回もスポンサードサーチに特化したノウハウだと思います。

 

PPCアフィリエイトというと、9割以上の確率でヤフーリスティングのスポンサードサーチについての事を指すという感じで理解しておいて大丈夫です。

 

 

Google AdWordsはアフィリエイターが参入するにはちょっと敷居が高いですし、イマイチ一般的にはなっていません。

 

 

スポンサードサーチ、インタレストマッチ、YDN、Googleアドワースなど全てをPPCでくくる事も出来ますが情報発信者自体も、殆どがスポンサードサーチに特化したノウハウの場合が多いです。もちろんアドワースについて言及しているものも過去あります。しかし今回の話はスポンサードサーチの事と思ってもらって構わないと思います。

 

 

話を戻します。

 

 

PPC(スポンサードサーチの事と思ってください)はお金を出してアクセスを買うという感じで意識してもらえればいいです。
ただしキーワードによって単価が変わってきます。

 

  • Aというキーワード・・1位の順位になるには200円
  • Bというキーワード・・1位の順位になるには20円
  • Cというキーワード・・1位の順位になるには1000円

こんな感じです。

 

また、完全一致、部分一致、フレーズ一致、絞り込み部分一致などを決めることでどういったキーワードで検索されたときに自分の広告を表示させるかを選ぶことが出来るのもPPCの特徴です。

 

 

今回の記事はPPCの魅力を伝える為ではないので詳しい説明は避けますが、分かりやすく言えばアナタが表示させたいキーワードがある場合、検索エンジンの上位をお金を出して購入する。こういった感じで覚えて貰えれば大丈夫です。

 

 

プロモーションに書いている、Googleに振り回される事がないというのは、『振り回されない代わりに、お金でキーワードを購入する』という事。

 

 

また、LP(ランディングページ、キラーページ)に関してですが、基本的にはSEOのサイトとは全く違います。

 

 

同じキーワードでも違うと思っておいてください。簡単なのはPPCの方です。厳密に言えば修正をする必要があるのですが、とりあえずマーケットイン(広告を打つという意味)の際は簡単なLPでいいです。

 

 

ここはminiサイトとかファクトリーのバックリンクサイトというイメージ。

 

 

ただし、PPCの場合マーケットインしてすぐにお金が発生しますので、簡単とはいえある程度のスキルは求められるのが現状です。

2:PPC広告のメリットとデメリット

今回は、PPCって思っているほど簡単じゃないよ〜って事を言いたいので、サラッとPPCについては触れますが基本的にはデメリットをメインに書いていきます。

 

 

思いとどまるのか、それともサイトアフィリエイトは中断してあえてイバラの道を歩むのか?それは自由ですがどういった所がデメリットなのかをこれからの項目で書いていきます。

 

 

メリット
  • 検索エンジンのアルゴリズムに振り回されない
  • 予算を決めて挑戦できる
  • SEOの様にインデックスされるまでのタイムラグがない
  • SEOサイトと併用することで、自分だけのキーワードが見つかる
  • 検索回数というものの本当の数値が理解できる

 

デメリット
  • 当たり前だが費用がかかる
  • 広告費の出費と、報酬の振り込みのタイムラグがある
  • マーケットインしたあと、赤字で走る時期がどうしてもある
  • 予算がない場合、部分一致が使えない為、若干厳しい
  • 薬事法のグレー部分がいきなりブラックになる
  • 完全一致でキーワードを差すとしても、最初はある程度(10個以上)のプログラムをマーケットインして広告を走らせるのがベターなので広告費が膨れる

 

メリットとして簡単とか、だれでもとか、広告費はかからないとかにスポットが当たるPPCですが、正直、販売者のポジショントークです。当たる案件を探すまでに、それなりのプログラム数を試す必要があります。

 

 

例えば毎月5万円の広告費で大丈夫という言葉。

 

 

この5万円を黒字運用するのは、コツを掴めば簡単。ここはウソじゃないです。ただし、1つ当たるプログラムを探す。ここにいくまでに、ある程度広告を試す必要があります。

 

  1. 家具のアフィリエイト
  2. 枕のアフィリエイト
  3. 痛風のアフィリエイト
  4. メンズファッションのアフィリエイト
  5. カラコンのアフィリエイト

 

例えば上記の5つの案件をPPCで運用する場合、キラーページを作るのはものすごく簡単です。20分で1つ。そんなイメージです。

 

 

もちろん、同じ案件でもキーワードによって属性が違いますので、厳密に言うとコンバージョンを上げるためにはSEOよりもナーバスに調整します。各属性毎に響くキラーページを作っていき成約率を上げていくという事ですね。

 

 

ただし、最初のマーケットインの場合は、案件自体が稼げるかどうかが分からないのでまずは簡易的に作るのです。その簡易的な具合が、miniサイトを作る労力の3分の1位のイメージでいいです。

 

 

PPCを初めてする、尚且つ広告予算がない場合であればキーワードを完全一致にしたほうが広告費がかかりません。完全一致なら広告費がかからないから安全。これは正しい意見だと思います。

 

 

しかし、半分正解で半分不正解です。

 

 

全て完全一致で広告費全部で5万円

  1. ○:家具のアフィリエイト
  2. ×:枕のアフィリエイト
  3. △:痛風のアフィリエイト
  4. ×:メンズファッションのアフィリエイト
  5. ×:カラコンのアフィリエイト

 

○は黒字、△はトントン(キラーページ、広告文の変更で黒字化は可能)×は赤字、修正の可能性はあるが、広告費が無いため撤退予定

大体こんなイメージです。

 

 

PPCの場合、○の部分に特化してのポジショントークが多いです。×や△に目をつむり、○案件のみフォーカスしたメリットを語る。この○になる経緯自体も凄く重要で、最初から優良案件として回せる事は結構少ないです。

 

 

PPCのキモは、正直運用スキルです。

 

 

○の広告を探すまで、いかに金銭的ダメージを受けずに×や△を乗り切るか。

 

 

先ほど言ったパンドラで、キーワードをいくら知ったところで、その案件やキーワードに対して○なのか?△なのか?×なのか?これが分からないと意味がないのです。○の場合でも、部分一致、完全一致、フレーズ一致など運用方法はどうなのか?こういった所こそ大事な所なのです。

 

 

そして○の案件があったとしても、その中で部分一致などを使った場合は、○の案件でも最初は赤字に近いです。

 

 

絞リ込みでも、フレーズでも同様で、完全一致は予算が少ない場合取る戦略なのですが、キーワードの拡張がないため、どうしても部分一致(完全一致以外のキーワード)を使った運用が必要になる時期があるのです。

 

 

そして、○の場合は更に広告文の脂肪を取っていき更にコンバージョンを高める必要が出てきます。ABテストといって、常に広告文を変えていき反応の高いものを選んでいく。

 

 

  • インプレッションがあるけど、クリックされないキーワード。
  • クリックされるけど売り上げが上がらないキーワード。
  • クリックが少ないけど、決まるキーワード。

こういった所を精査して、SEOよりも神経質に管理する必要があります。

 

 

そしてSEOと違い

 

精査している段階でお金が発生している

 

という所が最大限のデメリットです。

 

 

やってみると分かりますが、黒字化になるプログラムを探すまでが大変なんです。さらに黒字化になってもその黒字化を最大限にチューニングする必要があるわけです。

 

 

その黒字化できるプログラムを発見して、最初のマーケットインした時の試験的プログラムのマイナス分を補う為に出来るだけ利幅が取れるように黒字を増やす。

 

 

また完全一致で黒字が出たプログラムを発見した後、そのプログラムのキーワードを拡張するために部分一致などを使い利益が取れる様にするのですが、当然その際にも一時的に赤になる事というのは普通です。

 

 

つまり、○、黒字になっているプログラムでも最初から取れる訳ではなく、そのプログラムでも足を引っ張るキーワードがあるということ。

 

 

そのキーワードを切るまでは赤字になるのが普通。

 

 

また、黒字を最大化するためには部分一致などを取り入れ、一瞬でも赤字になるのも普通。

 

 

全て完全一致で広告費全部で5万円

  1. ○:家具のアフィリエイト・・・7,000円のプラス
  2. ×:枕のアフィリエイト・・・3,000円のマイナス
  3. △:痛風のアフィリエイト・・・プラマイゼロ
  4. ×:メンズファッションのアフィリエイト・・・2,000円のマイナス
  5. ×:カラコンのアフィリエイト・・・7,000円のマイナス

最初はこういった感じのイメージです。

 

○:家具のアフィリエイト・・・7,000円のプラス

 

 

これだけをフォーカスした場合、確かに広告費は数百円という場合もあるでしょう。

 

 

つまりPPCの場合はプラス要因だけを抜き取って説明している事が多い訳で、PPCで挫折する人が多いのは、×、△、あるいは○でも一時的なマイナスの部分をポジショントークによって伏せられている為、理想と現実のギャップが大き過ぎだからだと思うのです。

 

 

えっ??PPCってもっと儲かるんじゃないの???って思う人が多いと思います^^;

 

 

5つの広告って、ぼくの感覚ではものすごく少ないです。その気になれば1ヶ月で30個位のプログラムはイン出来ますし、逆にそのくらいしてちょうど利益10万とかの世界がPPCだと思います。

 

 

厳しいですよ。正直誰でも簡単とかマジ勘弁してって感じです。

 

 

特に今の時期ではそういった情報に流される人も多いわけでタイミング的にはいいんでしょうけど、ちょっとアクドイ感じがしてなりません。

 

 

ノウハウとかスクールとかの内容を否定している訳ではないですが、正直ツールを使って効率をあげてもノウハウを知ったところでも大事なことは運用ですからね。

 

 

プラス部分のポジショントークでPPCを語るのは勘弁して欲しいですよね^^;

 

 

本当に簡単に儲かりそうって誰でも感じると思いますから。。。

 

 

 

また、デメリットとして広告費がかかるというのがありますがこれは正直デメリットじゃないです。

 

 

逆に広告費がかからないというのが問題でクリックされるまで単価を上げる必要がありますし、クリックされないと報酬も発生しないわけですから、広告費がかかるというのはデメリットではないんですね^^;

 

 

 

正直PPCで50万円の利益を出すのって難しいと思いますし、その利益を出すまでに葬られたプログラムやキーワードも沢山あり、その上に利益が成り立っているわけで1番最初に取り組んだプログラムで稼げるなんてそんな甘い幻想は抱かない方が身のためです。

 

 

10万円稼ぐのも正直出来る人ってあまりいないと思います。

 

 

このあたりを理解しておかないと、これからPPCの塾やノウハウの紹介のたびに揺れ動くわけですから精神衛生上良くないですし、お金と時間を無駄にする可能性も高いですからね。

3:アフィリエイターがPPCを利用する際の注意点

通常アフィリエイターがPPCをする場合、広告を選んでそれを運用します。

 

 

自社商品などがあり広告を打つ場合と、ぼくたちアフィリエイターが広告を打つ場合の決定的な違いはどのキーワードで成約したのかが分からないという事。

 

 

 

成約したキーワードを見つけることは黒字化を最大限にするためには絶対に必要なのですが、どのキーワードで成約したのかはアフィリエイターが普通にPPCを運用した場合分かりにくい(というか分からない)という事です。

 

 

 

ですので出来るだけリスクを無くす方法として取るアフィリエイターの一般的な運用方法は、基本的には1広告グループ1キーワードがベターとされています(ぼくもこの方法)。そしてこの運用方法の場合、単純な作業ですが恐ろしく時間がかかります。

 

 

 

完全一致では予算がかからないから大丈夫的なポジショントークで、こういった時間と手間がかかる作業の存在が隠されています。

 

 

ある意味サイトアフィリエイトの作業の方が時間効率はいいといえるでしょう。

 

 

1広告グループ1キーワードを推奨せず、広告費を削る為に完全一致だけで勝負、とか言ってる時点で臭いものには蓋の精神が伝わってきて凄く違和感を覚えますね。

 

 

 

余計なキーワード、成約せず広告費だけ喰っているキーワードを削る事はPPCの広告費を抑えるためには必須のスキルですから、キーワード管理をせず完全一致とか意味が分かりません。

 

 

 

キラーページ(自分で作る出稿用のページの事)・・忍者アクセス解析

 

 

アナタが作ったキラーページの文章を読んで、アフィリエイトリンクをクリックしたら広告のLP(ランディングページ)に飛ぶわけですが、通常そのLPとキラーページの間にリダイレクトページを入れ込みます。アフィリエイトリンクをクリックした時じゃないとその特定のページに飛ばないので、アフィリエイトリンクをクリックしたユーザーのキーワードや時間、そういった所を調べることが出来るわけです。

 

 

 

  • キラーページのリンクをクリック→リダイレクトページ→ランディングページ

 

 

そして、そのリダイレクトページにヤフーリスティングのコンバージョンタグを入れておきます。

 

 

リダイレクトページにも忍者アクセス解析を入れておきます。そして実際に成約したキーワードを、忍者アクセス解析と見比べながら、広告の最適化、切り捨てなどを調整していくのです。

 

 

そして、上記の全ての事をするためには1広告グループ1キーワードというのが必須条件になるのです。

 

 

面倒と思うかもしれませんが、黒字化運用しているアフィリエイターの方はおそらく全員こうやって厳密に管理しています。SEOと違ってダラダラした期間(しばらく放置した状態)というのが少ないのがPPCです。

 

 

この作業や仕込みはPPCで黒字化を最大限にするためには必要な所なのですが、1広告グループ1キーワードで管理する事が1番のキモになるのです。

 

 

 

 

例えばですが、完全一致の場合

 

 

  • ニキビ 予防
  • 予防 ニキビ

 

この場合キーワードは2つになります。

 

 

こう考えると、通常1案件でも数百というキーワードの組み合わせが出来ます。部分一致などの完全一致以外のキーワード設定でもいいですが、完全一致で出来るだけリスクを減らすのが広告費がない場合は鉄板ですので、キーワード毎に広告グループを作ってあげるのがいいんです。

 

 

 

キラーページを作るのは簡単ですが、1広告1キーワードの場合、セットが手作業だと大変なんです^^;チューニングをしっかりとやっていかなければ広告費を垂れ流す可能性があります。

 

 

ぼくが簡単ではないというのは、こういった所なんです。

 

 

 

1広告グループ1キーワードをやらないと、無駄撃ちが多くなるので広告費がかさんでしまいます。

 

 

完全一致で運用していても、1広告グループに複数のキーワードを入れていては、どれが良くてどれが悪いかが分からない。無駄なキーワードがあるはずなんだけど分からない。

 

 

今回の甲斐さんの会社が運用しているダイアログというツールがあるのですが、1広告1キーワードを簡単にCSVとして出力してくれるので上記の悩みをクリアーしてくれるのは間違いありません。

 

 

 

しかし所詮はツールですので、運用スキルがなければ単純に赤字になります。作業時間の短縮の手助けをしてくれるだけで、ツールを使うから黒字化出来る訳ではないのです。

 

 

 

塾に入ればツールは使えるでしょうが、甘い期待を持っているのであれば辞めておいたほうがいいでしょうね。

 

 

SIRIUSを手にすれば稼げるという思い込みに似ているかもしれませんね^^;

4:SEOと両立は出来るのか?

SEOの為に、まず市場調査をするためにはPPCは有効です。

 

 

広告費を調査代として割り切れる、または経費として計上できる位SEOで売り上げが上がっているのであれば、別に1広告1キーワードにしなくて、部分一致などでやるという選択肢もあるでしょう。

 

 

成約なんて別にしなくていい、キーワードだけ調べたいと割り切れるであればSEO用のサイトをそのまま使うこともありかもしれません。

 

 

ただし、100%に限りなく近い割り合いで赤字になるでしょうし、テキストが多ければ多いほど、後で述べる薬事法などの問題に引っかかりやすくなります。

 

 

何が言いたいかというと、SEOと両立は出来るが、しっかりとPPCも運用したい場合片手間感覚でやってもまず無理という事です。今の作業にPPCをフェードインして両立するなんて無理です。

 

 

検索エンジンを利用したSEOアフィリエイトの逃げから入ったりする人が、簡単に黒字化出来るほどPPCは甘くないというのがぼくの意見です。最初黒字化するまでは大変ですし、黒字化したあとの運営、チューニングも大変です。

 

 

  • PPCで収支トントン、そのデータを使いSEOに活かす。

 

正直ここまで行くのもコツがいりますし大変です。収支トントンにいくまでにも数々の山があります。6ヶ月後には50万円!とか、すぐに5万円稼ぐとか、そういった考えは正直甘いのではないかと思います^^;

 

また、両立するまでのPPC運用スキルが確立出来るまでの時間も、個人の取り組み方にもよると思いますが数ヶ月とかそういったレベルで難しいのではないかと思います。

 

 

両立は可能ですし、いずれは視野に入れておいて損はないスキルですが、SEOが上手く行っていない人が期待を持って参入するほど甘いジャンルではないという事を認識しておくことが大事です。

5:薬事法などの問題

また、薬事法についてもSEOの時よりも更に深く勉強する必要があります。文言1つで広告が載りません。掲載不可になります。

 

PPCアフィリエイトについて思うこと色々@リスティングって簡単?

 

リスティングのキラーページでは『多くを語らない、すぐ広告主のページへ行ってもらう』というのが基本で、化粧品、ダイエット商品などの場合は特に神経を使う必要があります。

 

 

SEOでは考えなくていいような事でも、全く通用せず戸惑う位です。。逆に薬事法についてしっかりと学ぶという認識が出来てよかったのですが(笑)

 

 

ヤフーリスティングは電話でしっかりとサポートしてくれますし、広告が不掲載の場合も教えてはくれるのですが何度も落ちるとテンションが下がってきます^^;

 

 

しかも掲載不可になった場所のみしか教えてくれません。キラーページを上から読んでいき、その際×の部分があれば掲載不可になるのです。ココとココとココがダメですという感じではなく、掲載不可になった場所を教えてくれるだけです。

 

 

文言1←OK

 

文言2←ダメ

 

 

文言3←OK

 

文言4←ダメ

 

文言5←OK

 

文言6←ダメ

 

文言7←ダメ

 





 

つまり、上記のような場合、ダメな所を全部は教えてくれず引っかかった所のみです。

 

 

文言2を修正して出稿。再度審査をしてもらいます。

 

 

  • 掲載不可・・理由は文言4

 

文言4を修正して出稿。再申請。

 

 

掲載不可



 

 

ってイメージですね(笑)

 

 

薬事法が絡む案件は、時間もかかりますし効率が悪いですし、SEOしかしていない方、薬事法について理解がある方以外は絶対につまずく場所でもあります。

 

 

戦略としては薬事法に触れるものは外すのもありですね。ソッチのほうが効率もいいし単価も安いです。ぼくは薬事法関連のものは今ではやっていません。更にいえば、広告主さんの文言でも引っかかる時もあります。薬事法についての文言は非常に頭が痛いところなんです。

 

 

本来であればSEOでも修正しないといけないのですが、ぼく自身も薬事法では分からないことが多いですし最初PPCではここで悩みました。悩み系の案件というのは基本的には薬事法を意識する商品が多いと思いますので、超えなければいけない壁がたくさんあるということは意識しておきましょう。

6:月5万円の資金なら出せますが・・

最後に、PPCにおいて資金についての説明をしておきます。

 

PPCの場合、1万円しか資金が無くても出来るというのは本当です。予算をあなた自身で決めることが出来ます。しかし、安定して利益を出していきたいというのであれば、ある程度の広告費というのは用意しておく必要があります。

 

 

月5万円もあればと思うかもしれません。正直月5万円〜10万円あれば、問題ないというのは正しい感覚かもしれません。

 

 

しかし、マーケットインする際、5個以上のプログラムを走らせた場合であれば、肌感覚ですが、5万円程度は『あっ!!!』という間に無くなります。まあ、運良く上記に説明した○の案件を見つけたとしても、他のプログラムでマイナスなんてのは普通に有り得る話。

 

 

更に広告費を絞っていく過程においても、当然お金は発生していますので、黒字にいくまでの過程が大変なんです。

 

 

あと、ぼくが最もポジショントークと思えるのが支払いに対して。皆さんが知らないという事を理解しておきながらそれを言わない所です。問題は広告費を使う時期とアフィリエイト報酬が支払われる時期のタイムラグ

 

 

これは資金がない方、カツカツでPPCに賭ける!!って方はツライ現実。

 

 

例えば月5万円の資金があるとします。

 

1つの案件を部分一致も混ぜてキーワードを決める事はPPCを始めたばかりの方はおそらく失敗するだろうから、最初推奨するのは『完全一致』での入札です。部分一致もいれてしまうと、それこそ広告費なんてすぐ溶ける(なくなる)ので。

 

 

それを考えた場合、完全一致で戦うと仮定すると1つの案件で黒字に持っていくためには複数の案件を試す必要があります。当りプログラムを見つけるために、まず売れそうな案件を複数選んでPPCを打つというのが基本中の基本。1つの案件だけというのは、ぼくの中では考えられないです。

 

 

5個。メチャ少ないと思いますが。。ぼくなら当てる自信はないですね^^;

 

 

1個でも当りがあればいいと思うのですが、最初赤字から黒字に転換するまでに時間がかかる案件が絶対出てきます。ぼくの経験から『絶対』というレベルです。絶対に広告費だけが膨れる時期がある

 

最初手探りでやる場合は特にです。自己確立のノウハウや方法論が分かるまでに失敗するのは当たり前という感じです。

 

 

完全一致のキーワード150個あったとして、その中の10個が黒字(成約しやすいキーワード)運用出来るのが見つかった場合は、残りの140個の中で足を引っ張るキーワードを切り捨て。この作業をしているという事は『実際に広告費がかかっているから分かる』という事実。

 

 

広告費がかかっているのは失敗ではないです。ここでの失敗は『インプレッションされているのにクリックされていない』キーワード。

 

 

・広告文が悪い
・キーワード単価の設定が低い

 

単価が低い場合は、上位にいった場合どうなるかを調べる必要がありますので、その時点では失敗といえる状況です(クリックされないから調査されていないという意味で)

 

 

インプレッションされててクリックされていないキーワードを再調査する場合には、更にお金がかかってしまう(というか、それがPPC)のです。極論的発言かもしれませんが、あえてこういう言い方をします。

 

 

そしてこれはあくまで1個の案件。

 

例の条件(5つの案件)で始める場合、残りの4つの案件についても同様。全く成約なんてしない(部分一致などから見つける、あるいは入札のお金を上げるなどを施さないと無理なキーワード)案件やキーワードも中にはあります。当然、それが分かるという事は広告費がかかっているという絶対的な事実があるという事。

 

 

 

ぼくの場合、最初は35円〜からの入札が基本です。35円だと全く反応しないキーワードや案件もあるし、逆にダントツ1位なんてのもあります。

 

 

ダントツ1位とかの場合、逆に金額を下げないとプレミアムポジションという上位の場所に表示されてしまいますので、成約しないけどインプレッションだけ高い、クリックだけいたずらにされてお金だけかかるなんてことも普通にあります

 

 

最初黒字化に出来ない理由は、当たる案件、ハズレの案件の中でも当たるキーワード、ハズレのキーワードがあるので、そこを絞る段階で予算を使うという事が普通にあるからです。

 

  • A案件・・プラス3000円→ここからプラス10,000円になるのは可能
  • B案件・・マイナス4000円→ここからプラスに持っていくのも当然可能
  • C案件・・プラス5000円→ここから伸びる事も可能
  • D案件・・マイナス3000円→ここからプラスに持っていくのも可能

イメージとしてはこんな感じ。

 

赤字案件→黒字化するのは

 

・成約しないキーワードを捨てる
・キラーページを変える
・広告文のテスト(A,Bテスト)の繰り返し
・クリックされるように単価をあげてみる

 

というのが一般的な方法なんですが、成約出来ているキーワードを更に高めるには、広告文を変える、ランディングの変更、単価を上げるのが普通で、当然広告費も高まってくるのでそこは注意しておきましょう。

 

 

広告費がかかるのが失敗なのではなく、クリックされないのが失敗ですので。クリックされるようにチューニングしないとPPCの意味がありません。

 

 

 

そして

 

  • 広告費・・その都度支払う
  • ASP・・支払いサイクルが遅い

 

のタイムラグを意識する事。

 

 

未確定から確定になるのも時間がかかる場合がありますし、代表的なA8の場合、支払いは月末締めの翌々月の15日ですので、クレジットカードの決済を使ってもどうしてもタイムラグが生まれます。

 

 

ですので、イメージとしては月に5万のお金が使えると思っていても、それを2ヶ月、3ヶ月で割った金額、つまり5万だと月に使えるのはせいぜい1〜2万円という事になります。

 

 

当月に5万円使って、その当月の月末に7万円のアフィリエイト報酬は入らないということ。

 

 

やってみると分かるのですが、5万円をひと月に使えるとしても、その次の月は例えちょっとでもプラスになる案件を掴んでいるとしても、マイナスになっている案件も他に出てきますし、そのプラス分のアテにしている案件が成約が確定するのか未確定で流れるのかもわかりません。

 

 

その次の月にはクレジットカードの使った広告費が引き落とされる。

 

極端に言えば、

 

  • 1月・・広告費5万  報酬7万
  • 2月・・広告費5万  報酬5万
  • 3月・・広告費5万  報酬2万
  • 4月・・広告費5万  報酬6万  1月分7万円

 

という感じで、最悪1月の報酬は4月とかに支払いが行われる感じ。極端かもしれませんが。4月の支払い報酬ですが、承認率100%にしていますがこれが40%とかだったらシャレになりません^^;

 

 

だから、毎月5万円は大丈夫って思っていても、キャッシュを回すという事を考えた場合、それを3ヶ月とかで割った金額じゃないとすぐにショートしちゃいます。正直1万とか2万とかでは勝つにはキツイ

 

 

上手くいけば、そこから拡張する必要があるのですが、SEOと違い広げるのは資金がかかります

 

 

  • マイナスをプラスにするにも、
  • プラスを更にプラスにするにも
  • トントンからプラスに持っていくにも

 

SEOと違いPPCはお金がかかるということ。

 

しっかりとイメージしてみてください。

7:まとめ

今回はポジショントークという点でPPCについて説明させてもらいました。

 

 

今回のPPCの塾は主催側が有力なアフィリエイターを囲っていますので、多くの方が無料オファーを目にしているかもしれません。確かにPPC案件を売り込むのには今最適な時期かもしれません。Googleに頼るのは怖いって思うのは当然かもしれません。

 

 

ただ、仕掛ける側、仕掛けられる側、どういった流れなのかそういった所をしっかりと意識しておくことが大事です。

 

 

SEOをメインにして、サイトアフィリエイト、トレンドアフィリエイトをされている方は、もっと自分の今持っている知識を信じてください。作業に集中してください。

 

 

SEOアフィリエイトもろくに出来ていない状態で、PPCが上手くいくとは僕には思えません。

 

 

今から副業でPPCのノウハウを知り、作業していくアナタの時間のリソースはありますか?ランディングページ、切り口はSEOアフィリエイトと全く別物というイメージを持っておいてください。全く新しいものです。

 

 

サイトアフィリエイトの手助けに・・とか、それってポジショントーク以外のナニモノでもありません。更にお金もかかります。

 

 

SEOで20万の利益を出してからでも全然間に合います。むしろ20万の利益が出ている人は、それをSEOアフィリエイトで50万円にする方が簡単です。PPCで10万円の利益を毎月出し続ける事って、思っているよりも難しくて大変です。

 

 

 

ここを理解して欲しくて今回説明させて頂きました。

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です・・・って話ですが(笑)

 

 

少なくともぼくの媒体を見て頂いている方にはこういった所も分かってほしいと思います。
それでは失礼します。

パンドラ2のレビュー?|パンドラがないとPPCは稼げない?
パンドラ2というツールでPPCで大逆転!と思っている方は要注意です。本質を知って地に足をつけましょう。


トレンドアフィリエイトで挫折した方、トレンドアフィリエイトに挑戦したい方、トレンドアフィリエイトで結果が出ていない方、サイトアフィリエイトは少し躊躇する・・という方のために、差別化出来るトレンドアフィリエイトの思考を特典にまとめています^^

⇒特典対象の商材の確認はコチラ



全記事