ゴーストリライター3のレビューと特典|コトリのゴースト3の徹底レビュー

ゴーストリライター3のレビューと特典

まずぼくの手法ですが至ってシンプルです。

 

2009年からアフィリエイトをしていますので、パワーサイト、ペラサイト、トレンドサイトなど色々とやってきていますが、メインとなる手法としてはアフィリエイトファクトリーの手法、または、ルレアのミドルレンジと呼ばれる様なものです。

 

 

そのシンプルな手法なのですが、SEO自体もそこまでの知識がなくココまで来ることが出来ました。正直100万くらいであれば最低限のレベルのSEOで大丈夫でしょう。まあ、これは色々と考えがあると思いますが断言出来ます。本質はシンプルですので^^

 

 

正直全く稼げていない人、ぼくの数分の一位の金額しか稼いでいない人の方が最新のSEOとかパンダとかペンギンとか知っていることもあります。『すごいですね、、』みたいな事を逆に教えてもらうこともあります^^;

 

 

作業せずツイッターなどで情報を収集している人ですね。そういった人は凄く詳しいです。知っているとやっているの違いです。知識と収入って悲しいですけど比例しないんですよね。

 

 

インプットしていけばそこそこの知識は誰でも身に付けることが出来ますので。

 

 

この『最低限のSEO』のレベルってじゃあ何ですか?という話になると思うのですが、これも個人差があると思いますが、無料情報で集められる様な知識だったりします。

 

 

 

少なくともぼくの場合、ユーザーだったり属性を考えてサイトを作るので、キーワード自体が日本語ドメインで上位にくるキーワードとか、無料ブログ数個の被リンクを当てるだけで上がるキーワードとかになってしまうのです。

 

 

さすがに今のぼくは、こういったサイトとかブログばかりではないのですし、キーワード自体もそこそこのレベルでもたまに戦ったりしますので、被リンク元も全てが無料ブログからというのはないのですが、それは無料ブログからの被リンクが効果がないという風な事からの手法変更ではなく、必然的に使えないドメインが経年通過によって増えてきて、それをもったいないからWPを入れたりして被リンクドメインに格下げしたりという様な、あくまでも必然的な要素が強いです。

 

 

ペンギンだからとか、動いているとか、確かにそういった部分は感じますけど、まあそこまで気にしてないスタンスですね^^。500万とかそういったレベルまでいくと今の様にはいかないのかなとも思いますけど、正直〜100万とかのレベルでいえば、よくメルマガで話題にされている様なこととか、ツイッターで話題のSEOのこととかは関係ないのかなというふうにも思います。

 

 

まあ、ぼく自身ツイッターでの情報を試した事も無いですし、それをやれば報酬が200万とか300万とかに跳ね上がるかもしれないかもしれませんが、正直新しいことを検証したり、得意でも無いことをやった所で、今までの積み上げてきたものを失う機会損失の方が大きいと思っているのでやっていません。

 

 

ずっとやっている方法で、100%の事をした!!って思えたら新しい事をするかもしれませんけど、とりあえず今は作業をする事に注力しているので。

 

 

ですので、基本的には最初のSEOというのは無料ブログからの被リンクだけで行っていたのですが、それは今でもずっと継続しているSEOです。中古ドメインでWPを入れているドメインも数ありますが、それは先ほど言ったように経年における使い物にならないドメインが格下げになっただけであり、根本的には無料ブログからの被リンクとかでも十分にSEOはいいとさえ思っています。

 

 

 

未だに日本語ドメインだけでも上位に来ることはありますので。

 

 

 

また、稼ぐ金額が増えてくると、それを投資としてドメインに使ったり、外注に増やすことが出来る様になるのですが、まったく稼げていない人が、そういったことが出来る人の事を羨ましく思っても、どう逆立ちしても同じことは出来ないわけですので、『稼げない理由』としてそこを挙げているのであれば、正直考え方自体が間違っています。

 

 

いつまで経ってもそこには考えているだけではいけませんので。

 

 

一つだけ言えることは、ぼくも最初は『無料ブログからの被リンクのみ』『全て一人での手作業』だったという事。

 

 

その一人で出来る理由として大きな役割りを持っていたのが『SIRIUS』『ゴースト2』です。

 

 

SIRIUSがなければ1つのドメインからサイトを作る作業時間は恐らく5〜10倍になっていたでしょうし、ゴースト2がなかったら無料ブログからの被リンク作業は外注化か、自分でするしかなかったのですから、稼げるようになる時間も今よりももっとかかったでしょうし、外注費や時間のリスクという面で言えばそれこそとんでもないことになっていたでしょう。

 

 

いくらSEOなんて関係ないといっても、さすがにリンクを当てる事が出来ない作りっぱなしのドメインでは効率が悪いですので、何らかのSEOはする必要があるからです。

 

 

ぼくはゴースト2という、この今回紹介するゴーストリライター3の前身のツールを6,000円位のモニター価格で購入しました。全くバックリンクの価値などを分かっていなかった時期でしたが、バックリンクサイトは作る必要があるという事はなんとなく理解していましたし、このツールであれば、恐らく自分がやりたい事が出来るはずという『直感』を信じました。

 

 

SIRIUSの前身のAQUASにしても、ゴースト2にしてもそうでしたが、その当時は全く使い方すら分かっていない状態でしたが、自分の方向性は漠然と分かっていたので、稼ぐために買うという気持ちでした。方向性というのは『サイトアフィリエイトで稼ぐ』という事です。

 

 

結果としては大成功。6,000円で購入した事が奇跡という位。他のクソみたいな商材もそれからたくさん買いましたが、このゴースト2を6,000円で購入した事、アフィリエイトファクトリーも6,800円で購入したこと、それがあるので『まあいいか』という気持ちになれるのです(笑)

 

 

その後もゴースト2が出た後は、このゴースト2と同じような方法で記事を吐き出す様なツールも出てましたが、正直ゴースト2の足元にも及ばないという感じのツールばかりでした。

 

 

そのあと、すぐに販売停止になったのですが(最終金額は29,800円でしたが、販売されているのであればその金額でも購入するに値する様なツールでした。)それ以来、人に薦められる様なツールはありませんでした。

 

 

唯一近い、ゴースト2に似たポテンシャルでAi−1というツールがありました。これはIT-Walkerの月額会員が使えるツールだったのですが、このAi−1がある時は、ぼくは盛んにIT-Walkerへの入会を薦めていました。Ai−1だけを使うと考えても十分に元が取れるという事が分かっていたから。

 

 

でも、Ai−1もすぐに使うことが出来ない状態になり、正直ゴースト2を使っているぼくからしたら、本当にオススメ出来るツールがなかったわけです。

 

 

しかし、数年の歳月を経て、やっとゴースト2と同様のポテンシャルを持つものが出来ました。全てのアフィリエイターに必須というレベルのツールです。という事で、レビューをしていきたいと思います。

ゴーストリライター3の前にゴースト2ってなに?

ゴーストリライター3のロジックを説明する前に、ゴースト2がなぜすごいのか?こういった部分をゴースト2を知らない方へ説明したいと思います。

 

 

正直ゴースト2を知っている人は結構古株だと思いますので、、(笑)

 

 

また、ゴースト2を買いそびれた人も、ぜひとも今回はゴーストリライター3を手に入れてほしいと思います。

 

 

ゴースト2の旧販売ページはコチラです。

 

 

その前に根本的な概念として

 

ゴースト2もゴーストリライター3もあくまでもサテライトの記事投稿として使う。

 

という事を覚えておいて下さい。ゴーストリライター3にはメインサイトでも大丈夫という風にも受け止められる様な表現がされていますが、それはぼくは間違いだと思っていますし、売ろうと思う様な記事は自分で魂を持って書くべきです。

 

 

間違いというと語弊があると思いますが、ぼくはゴースト2を使って来た理由もこういった気持ちでずっとやってきたからで、だからこそポテンシャルを引き出せているという風に思っているからです。

 

 

そういった部分を勘違いして、『ゴーストリライター3を手に入れたら全自動で記事を書いてくれるんだから楽勝!!』的な感じで購入しても、失敗しますし、考えが甘いです。

 

 

確かに特典の方法、やり方を使ってゴーストリライター3の概念を覚えることで、『人間が書いた時に生じる書きミス程度の文章のつなぎ』位には出来ます。しかし、だからといって全ての記事を全自動で書けるという様な部分と決してイコールにはなりませんので、その部分は勘違いしないで下さい。

 

 

あくまでも、サテライト記事を書く時には、下手な外注よりもうまい文章が書ける、という位のイメージを持っておいて下さい。よほどコスパもクオリティもいいのは間違いないですので。

 

 

 

 

改めまして・・

 

 

 

 

今更販売停止になったツールの説明というのもなんだか変ですけど、ゴーストリライター3というものを説明するにおいて、やはりゴースト2の説明は不可欠ですので、その辺りを説明します。

 

 

 

ゴースト2が他のサテライト作成ツールと違う部分は、『自分でドンドンカスタマイズ出来、ほぼオリジナルの文章を出来るだけ自然に作られるようになる』という所です。

 

 

 

簡単に言うと、ゴースト2の場合、パラメータタグ【 <!--ではじまるもの】というものを使って文章を作る仕様になっています。

 

 

つまり、

 

<!-- 挨拶-->!私は<!-- にきび-->が<!-- 出来て--><!-- すごく-->困っています。

 

 

という文章を作り、そのパラメータタグにキーワードを入れていく事で、文章を作る際にそのパラメータタグの単語の中からキーワードを選んでくるというのがゴースト2でした。

 

<!--挨拶-->・・こんちわ、こんにちわ、ハロー、おはよう^^、うんちゃ^^

 

<!--にきび-->・・ニキビ、にきび、デコにニキビ、赤ニキビ、白ニキビ、

 

<!--出来て-->・・できて、出来てしまって、できちゃって、発生して

 

 

こんな感じで、パラメータタグにキーワードを入れれば入れるほど、ピックするキーワードが増え、自然な文章が出来るというわけです。

 

 

こうすることによって、被る、重複という心配がほぼゼロになるので、無料ブログの投稿というのは最初のパラメータタグを作ることで後は本当にボタンをポチッと押すだけで自然な文章を作ることが可能だったのです。

 

 

殆どのツールがワードサラダと呼ばれる様な単純な記事の並び替えの悪質な文章のなか、このゴースト2はタグのキーワード、もとの文章を作る事が出来れば、外注数名分以上の力を発揮してくれるツールに変貌する事が出来たのです。

 

 

 

だから、3万円だろうと、4万円だろうと、むしろ月1万円程度であろうと、サテライトの文章であればゴースト2を薦めたいというのが心情でした。また、他のツールを薦めることが出来なかったのも、ゴースト2以上のものが出ていないという事がありました。

 

 

 

しかし、今回のゴーストリライター3は非常にゴースト2に近いカタチで文章を作ることができるのでオススメです。

 

 

ぼく自身は基本的に未だに全部ゴースト2でやっていますので、ゴーストリライター3を使いこなしていないのですが、正直ゴースト2は使い倒していますので、ゴーストリライター3の原理や抑えるツボは、他のアフィリエイトアフィリエイターには負けない自信があります^^

 

 

では次の章からはゴーストリライター3についての説明をしていきたいとおもいます。

 

ツールの基本的な使い方というのはセールスページを見れば分かりますので、ここでは割愛します。このページでは更に踏み込んだ、ちょっと噛み砕いて説明していこうと思います。

 

 

ですので、セールスページを1回読んでもらってから観ると更に理解が深まるのではないかと思います。

 

 

ゴースト2と比べながらゴーストリライター3の説明

 

ゴーストリライター3ですが、ゴースト2とは基本的な使い方が違います。

 

その辺りを解説していきたいと思います。

 

 

また、ゴースト2にしてもゴーストリライター3にしてもいいところは、初心者でも簡単に使うことが出来る事です。ですので、基本的なツールの概要や使い方はセールスページに書いている事が全てです。

 

 

 

ゴーストリライター3では文章での組み換えが可能

ゴースト2はキーワード毎にパラメータタグを作っていくので、より細かく文章を分けることが出来るので、軍配はゴースト2かな?と正直最初思いました。

 

 

しかし、ゴーストリライター3の文章の作るコツを覚えたのですが(特典に詳しく解説しています。)それを覚えるとパラメータタグよりも高度な組み方、もしくは簡単な組み方が出来る様になるという印象です。

 

 

例えばゴースト2であれば、

 

■私は○○と思います。

 

という文章をかいた場合、最後(語尾)の単語を変更したい場合はパラメータタグで登録します。

 

■私は○○と<!--思います。-->

 

 

登録するパラメータタグの一例

 

思っちゃいます^^;、思ってしまうのです。感じてしまう。おもうわけ。信じています。思ってるんだけどどう?

 

 

これで最後の語尾がこの登録した単語からランダムに選ばれるという事になります。

 

 

一方ゴーストリライター3では、単語という概念ではなく、文章や文節という概念で文章を構成します。

 

 

上記は最初から付いている特典の文章なのですが、ここでは1つの文章を3つに分けています。

 

そして投稿の際、ゴーストリライター3の方でランダムに文章をピックするという仕組みです。赤枠の文章の日もあれば、青枠の文章の日もあるということです。

 

 

 

ここでは文章を3つの文節に区切っているのですが、この文節を区切る方法はコチラで決めることが可能です。

 

 

 

 

上記のように、元々A列でまとめていた文章を、B列、C列、D列と分けて細かく区切る事が出来ます。

 

 

この細かく区切るという部分ですが、『ゴーストリライター3で売るサイトを自動で作る!』などと間違った方向に行ってしまうと絶対に細かくなっていくのは目に見えています(笑)

 

 

 

あくまでもサテライトという感覚で作っていくと自然な文章が出来ますし、それは特典でしっかりと説明しています。コツとポイント、本質を抑えておくことで単語に区切る必要はなくなってきます。出来るだけ文節に近く分ける方が、文章を作る際には楽ですので、文章を自分で作る際のポイントを覚えておくことが大事です。

 

 

ぼくから購入いしていただいた方は、その辺りもしっかりと書いていますので、心配いりません。

 

 

ゴーストリライター3の、文節や文章で区切るという方法は、ゴースト2と比べてデメリットなのかなという風に感じていたのですが、実はソコまで重要ではなく、逆にゴーストリライター3の方が融通が効いていいのでは?という感じです。

 

 

ファイルとフォルダの役割りについて

 

ゴースト2やパラメータタグを使ったツール(Ai−1など)を使用していた方であれば、ゴーストリライター3の概念も分かると思いますが、分からないという方が多いと思いますので、簡単に説明したいと思います。

 

 

ゴーストリライター3ではフォルダの中のCSVファイルを使って文章を組み立てていきます。

 

 

正直、この概念を知っておかないと、これからどういった文章を作っていくべきか、どこを抑えて行くべきかが全く分からないと思いますので。

 

 

ゴーストリライター3には特典として、最初に記事を入れてくれています。

 

 

育毛やバストアップという、アフィリエイトでは鉄板のものです。(セールスページをご覧ください。)

 

 

デフォルトでは(購入した時点)、各ジャンルのフォルダに15個のcsvファイルが含まれています。

 

■バストアップのフォルダに記事のcsvファイルが15個。
■育毛のフォルダに、記事のcsvファイルが15個。

 

という感じです。

 

 

ここでは分かりやすく2つのジャンルで説明します。

 

 

そしてゴーストリライター3の本体の設定で『バストアップの記事を書く』と決めた場合、csvの読み取り数を15に設定するとします。

 

 

 

そうすると、ゴーストリライター3は次のような文章を吐き出すという仕組みです。

 

 

ここでは分かりやすく日付で分けていますが、出力数で文章が決まってきます。

 

 

 

 

ゴーストリライター3の基本的な文章の組み立てというのはこういった概念から出来ています。

 

 

ではこのcsvですが、このcsvの文章は、大体150〜200文字の文章で成り立っています。

 

 

先ほども言ったように、この文章を分節で区切るのもよし、単語に近く区切るのもよし、それは各自の戦略によって変わってきます。

 

 

また、特典にも書いていますが、基本を抑える、また最低限抑えるべきポイントを知っておけば、リライトなどを使い出来るかぎり別の文章になりますので、単語に近い感じで分ける必要もなくなってきます。

 

 

基本的には文節は10〜15文節で分ける感じがベストです。

 

 

csvファイルから更にランダムに組み替えることができる

上記のような概念から、各csvファイルをランダムに選び、その中で文章を組み立てていく様なイメージです。

 

 

例えばですが、ゴーストリライター3の特典で最初からセットされている特典の場合、1つのcsvファイルには150文字程の文章が入っていて、その文節を10個程度(J列とかあたり)に区切っているわけですが、ゴーストリライター3のツールで、読み込みのcsvの数を15にした場合、大体 15×150記事 で2000文字程度の文章が出来ることになるのです。

 

 

さて、特典に詳しく書いているのですが、このファイルとフォルダの概念を理解しておくことが非常に重要なのですが、基本特典の文章を例に取れば

 

 

・15個のcsvファイルの中に、5行の文章がセットされている。

 

のですが、この場合どういったことかというと、001の育毛csvファイルを選択された場合、5行の中のどれかの文章を選ぶという事です。

 

 

 

つまり確率から言えば、5行よりも10行、10行よりも15行の方がダブる確率が減るという事が言えます。

 

 

 

重要な部分

 

 

 

では、ヨコ展開と縦展開どちらがこのツールのポテンシャルを引き出す事ができると思いますか?

 

 

もちろんですが、行も列も増やしたcsvファイルを沢山作った方がいいのは誰でも分かります(笑)

 

 

しかし、本質さえ押さえていれば、この行も列も増やしたcsvファイルをたくさん作る事を更に効率的に出来るようになります。そのあたりは特典で詳しくお話させて頂きます。

ゴーストリライター3まとめ

ゴーストリライター3のロジックという部分はよく分かりませんが、正直かなりのレベルの文章を作ることが出来るのは間違いありません。

 

 

単純な使い方として、出力したものを、そのままSIRIUSだったりブログに貼り付ける事で、600〜2000文字位の文章が1分で3つくらい(もっと数はこなせるかも)セットすることが出来ます。

 

 

これはぼくのブラインドタッチのスキルで大体考えない文章であれば15分〜20分で1000文字〜1500文字くらい打てるのですが、その数倍になります。

 

 

正直最初の文章の組み方、リライトキーワードのセットの仕方を覚えれば、ぼくの文章と遜色ない位のクオリティではないかと思います。ぼくの文章というのはキーワードを意識して作るいわゆるアフィリエイトの記事という意味であり、成約させたりする様な類の文章ではありません。

 

 

ぼくに限らず、外注さんなどに発注する文章などと比べてもそこまで変わらないクオリティの文章に近づけると思います。外注さんと言ってもピンからきりがありますが、、、

 

 

つまり、時間とコストを比べると断然なポテンシャルを秘めたツールという事は紛れもない事実です。

 

 

 

アフィリエイトファクトリーやルレアのミドルレンジやショートレンジを実践されている方であれば、普通にこのツールがあれば上位に来れるくらいのキーワードはたくさんあるはずです。稼げる金額自体も上がると言えます。

 

 

 

SIRIUSも万人にオススメしますが、ゴーストリライター3もオススメします。本当に良いツールだと思います。

 

 

ゴースト2も最初は6,000円からスタートして、最終は5倍位になりましたので、今のうちに購入することをオススメします。

特典の紹介

ゴーストリライター3では記事の販売があります。

 

 

この記事の販売ですが、購入者さまに限定、つまりゴーストリライター3を持っていないと全く意味がない記事なのですが、自分のジャンルにハマれば非常に有益です。しかし、殆どの方は全てのジャンルにハマるという事は少ないと思います。ですので、金額と自分の参入するジャンルの合致度があえば購入すればいいと思います。

 

 

 

しかしぼくの特典を読んでみてからでも遅くはないかもしれません。

 

 

 

それでは特典の紹介です。

 

 

記事csvの追加

 

ぼくの特典として

 

  • 黒ずみ(オシリの黒ずみ)の記事10記事
  • バストアップの記事10記事
  • 育毛剤の記事10記事
  • 敏感肌と紫外線記事10記事

 

をお付けします。これはぼくがいつも頼んでいる外注さんに作ってもらったもので、オリジナルです。サテライトの記事としては十分なクオリティだと思います。

 

 

csvは各ジャンルに10記事入っており、10記事の5行の組み合わせです。

 

 

また、5行というのはあえてそうしているのですが、それはもうひとつの特典でも詳しく説明するのですが、5行、10行なのか、それともcsvが多いほうがいいのかという部分に繋がります。

 

 

キーワードの置換機能などを使うことで、5行でも問題なく記事は作れると思いますので。

 

 

ゴーストリライター3のオリジナル記事の作り方と概念

 

最初は特典として、ゴーストリライター3の本家サイトの様に記事をつける様な考えを持っていました。

 

 

しかし、記事をコチラで付けて特典として配るよりも、【自分の好きなジャンル、挑戦しているジャンルで記事を作れるスキルの概念】を覚えた方が絶対にいいと思いました。

 

 

例えばアダルトサイト、出会い系サイトなどの方でも使える様な、、そんな特典を作ったほうがいいと思いました。

 

 

ぼくはゴースト2をずっと使っていますので、タグの作り方などを理解して、ずっと定期的に資産が増えている状態ですが、それは本質的な事を理解している事でツールのポテンシャルを最大限に引き出せている他ありません。

 

 

ですので、記事の作り方とゴーストリライター3の概念を覚えておくスキルの方が絶対に記事の特典よりも役に立つという自信があります。

 

 

そういった訳で、記事の作り方についての特典です。

 

 

 

ゴーストリライター3を購入すると記事の作り方というものがありますが、それよりも更に深く突っ込んだ特典です。

 

 

csvへの出力など基本的な部分は最初からの特典に入っていますので、そちらをご覧になっていただければ誰でもわかると思います。

 

 

ぼくの特典は、それから更に踏み入った部分、ゴーストを分かっているからこそ書ける様な特典をプレゼントします。

 

 

例えば先程も説明したこれですが、どちらがいいのか?こういった部分もしっかりと説明しておりますので、オリジナル記事を作る際には絶対に知っておいたほうがいい知識を書いておきます。

 

 

記事を作成するのも、意味が分からない状態で作っていても、全てが力を入れる必要があります。しかし、ポイントを抑えてあげることで抜きどころ、力の入れどころが分かります

 

 

  • 出来るだけ自然な文章を作っていきたい。
  • 特典のジャンルにないものを扱っている。
  • 特典の記事を購入する金額がもったいない。
  • 記事を作る際の概念をしっかりと覚えておきたい。
  • 記事を作る際、フォルダを作る際、効率的に出来るだけ楽に作れる様に本質部分を知りたい。

 

 

こういった方は必ずお役に立てるのではないかと思います。

 

 

ツールに関するサポート

 

ゴーストリライター3ではサポートもありますが、一応付けておきます(笑)ツール本質部分では本家のサポートの方が分かりやすいと思いますが、ちょっと聞きたいことなど遠慮なく聞いていただければという気持ちです。

 

 

 


全記事